超激レアな伝説の携帯ゲーム機 Atari 「Lynx」が凄すぎた…

Atari Lynxを持ってる人に未だかつて遭遇したことがない。というか、こんなモノがあったなんて最近知った。

Atari Lynx レビュー

今までそこそこの数の古くてニッチなゲーム機を紹介してきたが、今回はその中でもずば抜けて知名度が低く、稀少度の高いAtari「Lynx」を紹介したいと思う。

そもそもLYNX以前にAtariってどこやねん!って方も多いだろうが、筆者もほんの数日前まではその一員だったので、安心して以下の紹介記事を見ていっていただきたい。

Atari 「Lynx」 要約

Atari「Lynx」は、アタリコープ社が1989年に発売した携帯ゲーム機で、日本での販売価格は29,800円となかなかに高価。

高価な理由はバックライト搭載の4,096色カラー液晶に、スプライトの拡大縮小回転のハードウェア処理、通信ケーブルを用いた8人同時参加プレーをサポートするなど、当時の携帯ゲーム機としては驚異的な性能を持っていたことだろう。

Atari 「Lynx」の特徴

コントローラー

コントローラーのボタン配置は上下対称で、A/Bボタンが本体上下2つずつ付いているのが特徴。

他に、画面の左にONボタン・OFFボタン、右にOPTION1ボタン・ポーズボタン・OPTION2ボタンが並んでおり、ポーズボタンとOPTION2ボタンの同時押しで画面を反転させる事が可能。

また、本体を上下逆に持つことにより、左利きのプレイヤーにも違和感なくプレイすることができるなど、ユニバーサルデザインを採用している。

一部に、縦持ちで遊ぶことを前提にしたゲームもあるとのこと。

Atari Lynx コントローラー

ソフトウェア

ソフトウェアはPCエンジンHuCARDの2/3くらいの大きさのカードROMソフトの形で供給された。

ガントレット』や『ハードドライビン』等のアタリゲームズの業務用ゲーム移植作品や、Lynxの回転拡大縮小機能を生かした『ブルーライトニング』や『エレクトロ・コップ』、Epyx社の代表作『カリフォルニア・ゲームズ』等が発売された。

Atari Lynx ゲームソフト

スペック

  • 使用電源:専用ACアダプタ(DC9V)、または アルカリ単三乾電池6本(実動2~3時間)
    • 消費電力:3.6W
  • 外形寸法:270mm x 105mm x 40mm
  • 重量:約700g(電池を含む)
  • 画面サイズ:3.4インチ バックライト付きカラー液晶
  • ヘッドホン端子:モノラル(LynxIIはステレオサポート)
  • 通信機能:COMLYNX端子 双方向62500Bit/Sec 8台まで接続可能
  • CPU:65C02(8bit-4MHz)
  • グラフィックス処理の一部をカスタムCMOSチップ上で16ビット-16MHzで計算している。これはPCエンジンなどと同じ発想。
  • メモリ:64KByte
  • 画面解像度:160x102ドット
  • 画面表示能力:4096色中16色同時発色[2]
  • ハードウェアによるスプライト表示サポート
    • 全画面ローテーション機能(90°/180°/270°)
    • 回転拡大縮小機能
  • サウンド:4音声モノラル(100KHz~5KHz)
  • ソフト容量:最大2MB

1989年に発売されにも関わらず、この凄まじい程のスペック。

マニアックな人なら喉から手がでるほど欲しかったであろう「Lynx」

しかし、こういった時代に見合わないハイスペックなゲーム機は、ソフトウェアエンジニアですらついて行けないほどなので、結果的に日の目を見ずに消えていく運命なことが多い・・・。


Atari.IO

この記事を書いた人
エレモノくん

一風変わった家電やガジェット、面白グッズが大好きおじさん。
浅はかな知識ながら最近はものづくりにチャレンジしている。
見た目とは裏腹にロマンティストな一面もあり、孤独に大都会のイルミネーションを鑑賞しながらコーヒーを嗜むという、なかなかシャレた嗜好も持つ。

生息地:横浜
仕事:組込みエンジニア

エレモノくんをフォローする
おもしろ ゲーム 携帯ゲーム機
エレモノデータベース

コメント

トップへ戻る