この発想は無かった! 激うま炊飯器 バルミューダ 「ザ ゴハン」

皆さんはお米が好きですか?筆者はほかほかご飯が大好きです。

 

冒頭から既視感のあるセリフを吐いてしまった筆者だが、やっぱりほかほかご飯が大好きだ。

筆者のほかほかご飯への情熱は以前紹介したバーミキュラ「ライスポット」の記事を見ていただければ分かると思う。

以前はバーミキュラ「ライスポット」が最強だと思っていたが、今回紹介するお洒落な家電で有名なメーカー、バルミューダ 「ザ ゴハン」も相当な対抗馬と感じる。

 

 

バルミューダ 「ザ ゴハン」 要約

〇このシンプルイズザベストな見た目のバルミューダ 「ザ ゴハン」は、高価な炊飯器には殆ど実装されているIHヒーター方式ではなく、従来のマイコン式炊飯器と同様、電熱線式のヒーターで圧力をかけずにご飯を炊くタイプの炊飯器だ。そのため、価格も他の高級炊飯器に比べると大分安価になっている。

 

バルミューダ 「ザ ゴハン」の 機能、使い方など

従来のマイコン式炊飯器は、内釜の底にある電熱線で加熱するため、底の部分は高温、釜の上側に行くにつれて低温と、温度にムラが出てしまう。

内釜の構造を工夫したり、電熱線を多数搭載してりして対策はとっているが、やはりIHヒーター方式に比べたら劣ってしまう。

それに比べ、バルミューダ ザ ゴハンは、内釜を水の中に浮かばせ、その周りの水を沸騰させた水蒸気で過熱する。

 

ヒーターの上に水があり、そこに内釜が浮いている状態

 

こうすることによって、水蒸気が内釜を満遍なく熱するため、温度ムラが無くなる。このありそうでなかった発想のおかげで、高級炊飯器に比べ安価なのにも関わらず高級炊飯器と対なる性能を実装したわけだ。

さすがと言わんばかりの発想は、バルミューダだからこそできた閃きなのかもしれない。

 

そしてこのザ ゴハンバーミキュラ「ライスポット」と同じく、保温機能がない。

やはりお米は炊き立てが一番美味しいため、焚いたらすぐ食べてほしいというバルミューダのお米愛が感じられる。

 

 

焚き分け機能も「標準」と「早炊き」だけしかない。

 

美味しいご飯は最高のおかず!ご飯が美味しくなければおかずも美味しくないんです。あー、ザ ゴハンで焚いたほかほかご飯に刺身のっけて食いてええ!!

 

以下、バルミューダ 3合炊き電気炊飯器 BALMUDA The Gohan K03A-BK(ブラック)Amazonカスタマーレビューまとめ


20件のカスタマーレビュー
|☆☆☆☆☆|

まず、前提としてこの炊飯器は「固めで粒の立ってるパラッとしたご飯が好き」な人向けです。
なので、そうでない人(もっちりしたやわらかいご飯が好き)は買わないほうがいいでしょう。
あと、お釜を開けた時のふわっとしたお米の匂いが好き、ご飯だけ食べた時の甘みが好き、そういう人にも向きません。
そういう人には踊り炊き機能が搭載されていて、ご飯そのもののデンプン質が溶け出されるような炊飯器を買いましょう。
3合までですので、大家族にも向きません(ちなみに炊飯器は大体最大容量の半分ぐらいが一番おいしく炊けるようです)。保温機能がないので、食べる時間がずれて帰ってくるお父さんにも向きませんね(笑)。
他にも、他製品のように「ご飯だけじゃなくてXXXも!」みたいなのも期待できないんじゃないでしょうか。トースターはまさにほぼパン専用機だったし。

上記の向かない人リストに当てはまらなかったあなたは幸運にもこの製品を買って喜べる人です。
コメの粒立ちがとてもいいので、汁物(茶漬けとかスープカレーみたいな)には抜群に相性がいいです。べチャッとならない。
炒飯もパラッとします。
つまり、素のご飯単体で食べるよりも、なにかと一緒に食べることがこの炊飯器に適したシーンといえるんじゃないでしょうか。

ああ、あとメンテナンス性についてですが、お釜はほかの炊飯器に比べて軽いです。アルミとかかな。2層なので2つ洗わないといけないけど、軽いので洗って我が家の足の細い水切りに置いても全く問題ないですね。蓋の内側のところも外して洗えます。
踊り炊きのようにデンプン質が出ない分、さらっと洗えます。

……という感じで特化型炊飯器なので、汎用型炊飯器とは立ち位置が違うというか。
あとは同時期に並んでいるなんかかっちょいい炊飯器のくくりとしてVermicularと比べる方もいらっしゃいますが、アレはまた別物です。ストウブやル・クルーゼの括りですよね、本来……価格も倍ぐらい違うしねぇ……。

ということでまとめると、
・ご飯に一粒一粒の粒立ちを求める人
・ご飯単品よりも何かぶっかけて食べたい人
にはおすすめです。

|☆☆☆☆|

主に、PanasonicのWおどり炊きの圧力IHジャーとの比較という形で述べます。
また、私は白米の炊飯しか試していないので、玄米や炊き込みご飯等については何も申し上げられません。
詳細な仕様や付属品については、すでに様々な媒体で散々宣伝されており、公式サイトでは説明書も公開されているので、そちらをご参照下さい。

デザインに惹かれた方も多い製品かと思いますが、確かにそのスタイリッシュさは群を抜いています。
蒸気用の200mlカップ、米の計量カップといった付属品も、デザインは文句がありません。
ボタンや機能もシンプルで、昨今の多数の炊き分けに辟易されている身としては、逆に助かりました。
元々1~1.5合程度しか炊かず、炊いた都度食べきるスタンスなので、大きさもこれぐらいがちょうどいいです。

肝心の炊き具合ですが、PanasonicのWおどり炊きの圧力IHジャーと比べると、炊きあがり後の艶、香りは大きく劣ります。
甘さもさして感じません。
食べ比べてみても、味の好みはさておき、炊き立ての香りを強く感じ、「甘い」と直感的に感じるのはPanasonicの方でしょう。
有名メーカーの高級品をすでに利用されている方は、この製品に変えてみても、劇的な変化は感じないと思われます。
しかし、メーカーからも謳われていることですが、この製品で炊いたご飯は、米単体のおいしさではなく、おかずと一緒に噛み締めて初めて真価をはっきりするものです。
炊きたてのものをお気に入りのおかずと共にかっこむのが、最高の食べ方でしょう。実際、私もその食べ方ならば、Panasonicの製品を超えているように思います。また、炒飯の調理にも向いていると感じる食感です。
ちなみに、とある家電のレビューサイトでは、本製品と他社の高級炊飯器でそれぞれ白米を炊き、糖度の科学的な検証を行っていました。
その結果は基本的に同等の糖度であるとのことですので、おいしさのポテンシャルは他のメーカーと同等、後は食感や粒立ち等、好みで購入を検討すべき、というのが妥当な評価ではないでしょうか。

私は、基本的にやや硬めで粒の立っているご飯が好みのため、その点については本製品がかなり理想に近いものでした。
ただし、上記のようなご飯を炊くには、やはり水加減が重要です。
米の銘柄や気候にもよるのでしょうが、釜内部の目盛り通りでは、柔らかすぎます。
白米については、通常か早炊きしか選択肢が無いので、機能に頼らず自分で水加減を調整するしか、米の炊き分けはできません。
そこまでシビアな水加減は必要ありませんが、安易に水を入れると台無しになるので、目盛りのやや下ぐらいにしましょう。

また、保温機能が無い点については、現時点では特に不都合を感じません。
1合炊き、1杯目を頂いた後、2杯目をおかわりしても、まだホカホカで、釜を開くと湯気が飛び出してきます。ある程度断熱構造があることは、他のサイトの宣伝でも見かけたので、1回の食事で食べきるならば、保温機能が無い点は無視してよいでしょう。

欠点としては、肝心のしゃもじが付属していないこと。市販の品を購入するのは簡単ですが、ここまで良質なデザインなのですから、統一されたデザインのしゃもじを別売りでも販売してほしいものでした。
さらに、炊飯時間が長いのが問題です。通常で約1時間、早炊きでも40分台と、少々長めでした。保温機能が無い以上、食事の開始を炊き立てに合わせたいところなので、調理の組み立てがいささか困難です。
そのうえ、炊きあがりまでの時間表示がやや大ざっぱです。基本的に5分単位で残り時間が切り替わるため、精密な表示ではありません。ただし、残り時間が15分を切ると1分単位で表示が変わっていくため、そこまで気になるほどではないです。

総評として、けして万能でもなければ万人受けする品ではありませんが、ハマる人はとにかくハマる製品と言えます。
尖ったコンセプトは充分評価できますが、使いやすさにまだ難があるものなので、さらなる改良を期待します。

|☆☆☆|

バルミューダ製品をトースター、ケトルと続けて愛用してきました。
家族で待ちに待った炊飯器は予約受付と同時に注文しました。
家電をコレクションするという発想は今までなかったので、その気にさせてくれた本製品にはとても期待していました。

これまで土鍋のごはんを食べてきました。
ごはんのみでの味は今まで食べてきたごはんと別物になります。
同じ材料で調理方法が違いますので、異なる味と香りになるのは当然かと思います。
そこがみなさんの物足りなさの評価となっている気がします。
ところが食事として食べるとごはんの味もおかずの味も引き立ちます。
そしてお弁当が今まで以上にごはんの味を楽しむことができています。

残念ながら、使用して1ヵ月半くらいから内釜の外側のフッ素加工が剥がれ始めました。
ふだんの手入れはマニュアル通り、ぶつけることもしていません。
外周ぐるっとうっすら筋ができて、そこが剥がれてきていますので外釜とのアタリがあるのかもしれないです。
内釜の外側ですので、健康被害はないと判断して使用していますが、内側も剥がれてきたら使用を止めます。
ごはんの味は大満足ですが、商品品質に不安がありますのでこの評価とさせていただきます。

追記:
3合炊き仕様ですが、3合炊くより2合炊く方が食感も味も良いと感じます。
料理とのハーモニーが美しい、主張のないごはんが炊き上がります。
ごはんのみの味を期待される方、ごはんのみの食生活の方には向かないと思います。

|☆☆|

蒸気炊飯というのは中華料理屋でチャーハン用に炊かれるご飯によく使われる方法です.
また炊飯器として,この二重釜の蒸気でご飯を炊く方法は,東芝が1955年に発売した初代炊飯器と同じ方法ですね
今現在日本ではその方法は使われていませんが,台湾のどの家庭にもあると言われてる大同電鍋も二重釜です
この炊飯器が悪いとはいいませんが,蒸気で炊くだけで保温もないのにこの価格…
やはりデザインとブランドにお金を払ってる気分になりますね

||

購入して、2か月、内釜の側面に擦れたような傷がたくさんでき塗装が禿げて、サビています。サービスに電話したところ、しゃもじで窯の中のご飯をかき混ぜるときに、傷ができると回答されました。当たり前の行為で傷がつき、2ヶ月で錆びてしまうなんて購入したことを後悔しています。

 

 

バルミューダ ザ ゴハン 公式URL

 

この記事を書いた人
エレモノくん

一風変わった家電やガジェット、面白グッズが大好きおじさん。
浅はかな知識ながら最近はものづくりにチャレンジしている。
見た目とは裏腹にロマンティストな一面もあり、孤独に大都会のイルミネーションを鑑賞しながらコーヒーを嗜むという、なかなかシャレた嗜好も持つ。

生息地:横浜
仕事:組込みエンジニア

エレモノくんをフォローする
おもしろ家電炊飯器
エレモノデータベース

コメント

トップへ戻る