自転車用の小さなキャンピングカー Wide Path 「Bicycle Camper」

自転車用のキャンピングカー!? しかも折りたたみ式!?こりゃ一人旅が捗るぜ!

最近は低予算で必要最低限のモノをリュックに詰めて旅をするバックパッカーというものが流行っている。

正直結構憧れるが、実際にやってみるとお腹が空いたり疲れたり野宿で寒かったり暑かったり・・・まぁ生粋のバックパッカーはこういうところも楽しんでいるかもしれないが、できれば雨風凌げるパーソナルスペースが欲しいものである。

特に、自然大好き系バックパッカーは周りに雨風凌げる場所がほとんど無いのではないだろうか?

そんなバックパッカー達に向けて、凄まじいほど有益で夢が溢れるアイテムが登場した。その名も Wide Path 「Bicycle Camper」

なんと自転車の後ろに括り付けて持ち運べる折り畳み式のキャンピングカーなのだ!

Bicycle Camper レビュー

スポンサーリンク



「Bicycle Camper」 要約

「Bicycle Camper」は、自転車で牽引できるほど小さなキャンピングカーで、自転車の後ろに括り付けて持ち運ぶことができる。

持ち運ぶ際には、折りたたむことで長さ130cmまで小さくなるため、楽に牽引できるようだ。

設置して使用する時は、高さ130cm、横幅99cm、長さは260cmにまでなるため、十分な居住スペースが確保できるため、心配ご無用だ。

「Bicycle Camper」 機能、使い方

持ち運び軽やか

キャンピングカーの重さは約45kg。

一見重そうに見えるが、女性の方でも自転車で簡単に運べるレベルだそう。

電気自転車を使えばよりラクラク牽引できそうだ。

Bicycle Camper 使い方

Bicycle Camper 牽引
この女の人が怪力というわけではなさそうだ。

設置も慣れたらたったの3分

設計が素晴らしく、設置も慣れたら3分ぐらいでできちゃうらしい。

Bicycle Camper 設置

折りたたみはクルっとするだけ。簡単に設置できる。

Bicycle Camper 折りたたみ

完成!

Bicycle Camper 完成

優雅なひと時でおま!

室内はびっくりするほど広い豪華仕様!

キャンピングカーの中にはなんとベッドが備わっており、最大2人まで寝ることができる。

真ん中の部分をどかせばソファとしても使用でき、その際は大人4人で団欒できるとのこと。

設置されている折りたたみ式のテーブルを利用すれば、食事をしたり仕事をしたり黄昏たりと、色々捗りそうだ。

Bicycle Camper テーブル

気になるお値段は・・・

お値段3,500ユーロから(日本円で約46万円)。この値段を高いとみるか安いと見るかは人それぞれだが、筆者はここまで夢の詰まった素晴らしいアイテムがこの価格で手に入るのはお手頃だと思う。

ソーラーパネルやキッチン用具などのオプションも付けられるので、自分好みにカスタマイズすればちょろ旅から長期旅まで活躍してくれること間違いなしだろう。【製品ページ

筆者は自然が大好きでたまーに里山登山したりするので、もしこの「Bicycle Camper」があれば、少し遠くの里山とかに泊りがけで出かけてみたいなんて妄想が捗ってしまう。

旅してみようかなぁなんて思う人は「Bicycle Camper」をお供として連れて行けばとっても役立つこと間違いなしだ。


Wide Path Bicycle Camper 公式サイト

スポンサーリンク



スポンサーリンク



トップへ戻る