ビッグサイズのたこ焼き器 D-STYLIST 「びっくりメガたこ焼き」

皆さんたこ焼きは好きですか?

筆者は学生時代から、色んな店でたこ焼きを食べ比べるレベルのたこ焼き好きであるが、最近ばくだん焼きと呼ばれる直径8cmほどのメガサイズたこ焼きを食べた。
最初は大味だろうと見くびっていたのだが、これがびっくりするくらい美味しくて、中は出汁の利いたふわトロ生地で、具材は管理栄養士が監修した色んなモノがたくさん入っているらしい。つまり、栄養満点で美味しくてデカいという攻守ともに最強のたこ焼きということだ。
詳しくはこちらの公式サイトを見てほしい

【ばくだん焼きこ公式HP ⇒ http://www.bakudanyakihonpo.co.jp/fan/index.html

さて、このままでは単なるグルメリポートになってしまうので、そろそろばくだん焼きと同じサイズのビッグたこ焼きが作れる D-STYLIST「びっくりメガたこ焼き」を紹介したいと思う。

 

びっくりメガたこ焼き レビューびっくりメガたこ焼き レビュー

 

〇このびっくりメガたこ焼きは、直径8.5cm(通常のたこ焼き5個分)のメガサイズのたこ焼きが一度に二個焼ける。使い方もコンセントを差してスイッチをオンするだけなのでとっても簡単。鉄板がお手入れもしやすいフッ素樹脂で出来ているため焦げ付きにくく、布巾で拭くだけでOKらしい。
たこ焼きを焼いたことが無い人や、でかくてきちんとひっくりかえせるか心配だという方のために、串ガイド線というものが鉄板に刻まれているので関東の人でも安心して使える。

 

びっくりメガたこ焼き 仕組み

 

本体サイズは以下のような感じだ。
びっくりメガたこ焼き サイズ

 

家族や友達と一緒にワイワイ作るのもよし。一人でがっつり焼いてくうのもよし。

大きいたこ焼きは本当においしいので、実際に作って食べてみてほしい。小さなたこ焼きでは中に入れられる具材が限られてくるが、ビッグサイズのメガたこ焼きならば、自分の好きな具材をたくさん入れられるので、自分好みのカスタムたこ焼きを作って皆で盛り上がりながらお美味しく召し上がれる。

今回、筆者がばくだん焼きうめぇとなっている時にたまたま見つけた製品だったが、そんなに高くないのでネタで買ってみてはいかがだろうか?

 

以下、D-STYLISTふっくらメガたこ焼き Amazonカスタマーレビューまとめ

28件のカスタマーレビュー

|☆☆☆☆☆|

出先で見つけ悩みましたが買わずに帰宅
やっぱり欲しくなり近所の同系列のお店に行きましたが取り扱いなく、諦めかけた時にAmazonで発見してみました
新品なのにお店より安く、おまけに翌日には到着しました
ホントに感激しました

|☆☆☆☆|

変わった具材を入れて楽しんでいます。
大きいために引っくり返せるほど固まるには時間が掛るので、横で普通のたこ焼きをしながら使うとイライラもありません。
余った具材を一度に入れたり、イイダコみたいな大きい具材を入れたり楽しいです。

シンプルな器具なので大きな不満はありませんが
ケーブルが微妙なところから出ている、少しフッ素加工が甘いのでひっつきやすいとして星は1つだけ減らします。

|☆☆☆|

普通サイズのたこ焼き作る時にいっしょにやります。単独でこれだけで、使うにはちょっとつらいかも

|☆☆|

確かに野球ボール大の物ができます。
でもそれが旨いかどうかは別のハナシ・・・
時間をかけて焼いたら、大きいだけにボソボソでたこ焼き特有の、外カリッ、中とろっ
が再現できません、私はそれがたこ焼きの命だと思っていますので、☆二個です。

それと説明書、生地の分量が何個分と書いてなくて、粉300g、水か出汁900ccとなってます、
これはこの機械では余裕で6個以上作れる分量です、そこに不親切さを感じました。
こんなまずい物いったい何個喰わせるのかと・・・

ですので、パーティグッズの域を出ないとお考えの上、検討なさって下さい。

||

商品届きました。箱は色褪せてボロボロな感じで、一度折り畳んだ跡が見られました。
私はたしかに新品を注文しましたが?買った値段も新品価格でしたが
その箱のデザインも違うものでした。届いた時一瞬あれ?って目がてんになったくらいです
めちゃ気分悪い。

 


 

びっくりメガたこ焼き公式サイト

この記事を書いた人
エレモノくん

一風変わった家電やガジェット、面白グッズが大好きおじさん。
浅はかな知識ながら最近はものづくりにチャレンジしている。
見た目とは裏腹にロマンティストな一面もあり、孤独に大都会のイルミネーションを鑑賞しながらコーヒーを嗜むという、なかなかシャレた嗜好も持つ。

生息地:横浜
仕事:組込みエンジニア

エレモノくんをフォローする
おもしろたこ焼き器
エレモノデータベース

コメント

トップへ戻る