IoT

IoT

耳元で飛び交う憎きヤツの位置をレーザー照射で教えてくれるマシン「Bzigo」

寝ていると耳元で聞こえてくるプーンという高音。どんな目覚ましよりも強烈で、その不快な音を聞いたら瞬時に目が覚め、忽ち痒みが襲ってくる。 そんな最悪な蚊とかいうやつの位置を「Bizigo」 は飛び交ってる状態で的確にレーザーポインターで教えてくれるそうだ。
IoT

体感温度-13度!?着れるエアコン「REON POCKET」が斬新すぎる!

「REON POCKET」は、 専用ウェアに装着するタイプの 手の平サイズウェアラブルデバイスで、スマホの専用アプリ経由で暖かくも冷たくも5段階調整で好みの温度に設定できるため、オールシーズン使用することができる冷暖アイテムだ。 インナーに装着するため目立たず、ビジネスでもカジュアルでもシーンを選ばない。
AI

AIやIoTがお手軽に実装できてしまう「obniz」は電子工作入門にも最適!

「obniz」は、専用クラウドにwi-fi経由で接続することができる、IoT開発に特化した開発ボード。いつでもobinizクラウドにアクセスできるため、WEB上を介してどこからでもハードウェアを操作することができる。専用APIを使用することで容易に機能が実装できるため、IoT開発入門に最適な開発ボードだ。
IoT

SF?アニメ?とうとうあの仮想現実が現実に… Microsoft 「HoloLens2」

「HoloLens2」は、まるでSFの世界の様なホログラムを実現できるグラス型デバイスで、Azureを介してホログラムを表示する機能「Remote Rendering」や、企業向けの「HoloLensカスタマイズプログラム」などを展開する。2019年中に日本を含めた様々な国で発売される予定だ。
IoT

コンセントも備えた大容量モバイルバッテリー「Monster」が凄すぎる!

「Monster」は、100,500mAh(372Wh)というその名の通りモンスター級の容量を持つポータブルバッテリー。100,500mAh(372Wh)というと、 iPhoneを38回充電することができる。USBソケットに加え、家庭用電源であるコンセントもついているため、アウトドアや、災害時の備えにも最適だ。
IoT

レトロゲーの復刻版が相次ぐ中、あの「PONG」がテーブルゲームで登場

「TABLE PONG」は、コーヒーテーブルの表面がそのままゲーム画面になっており、対面で座った者同士が「PONG」で対戦できるようになっている。驚きなのが、ゲーム画面は液晶とかではなく、マグネットとモーターで物理的に物体を動かしているという粋な機構を採用しているため、より直感的に遊ぶことができる。
トップへ戻る