ドリームキャスト一体型TV!? セガ「CX-1」

皆さんはドリームキャスト(Dream cast)というゲーム機をご存じだろうか?

ドリームキャスト

〇一世を風靡したゲーム機「セガサターン(Sega saturn)」の次世代機として、株式会社セガの社運を賭けて開発され、1998年11月27日に日本国内で発売された。この可愛い渦巻ロゴがプリントされた、白くて四角いドリームキャストは、最大の特徴として、インターネット通信用のアナログモデムを標準搭載した点が挙げられる。
昨今では、スマホでソーシャルゲームや、PCでネットゲーム、コンシューマーゲームでもオンラインでプレイすることが当たり前となっているが、当時はネットゲームどころかインターネットすらあまり普及していなかった黎明期
そんな時代に現れた「ドリームキャスト」は、その名の通りゲーマー達に夢を広く伝えたといっても過言ではないだろう。
しかし、当時にしてはあまりにも先進的で複雑すぎた(斜め上をいきすぎた)せいか、2001年3月には生産を終了。
2年4ヶ月という期間で儚く散ってしまったのである。

スポンサーリンク



一般的には受け入れられなかったのは残念だが、マニアなユーザーからの評価は高い。

なんと驚きなのが2015年(ドリームキャスト生産終了から14年後)なのにも関わらず、熱狂的ドリームキャストファンから新作ゲーム(Alice’s Mom’s Rescue)が発売されている。

ドリームキャスト 新作ゲーム

このように、ドリームキャストは今も尚コアユーザー達によって非常に親しまれている。

そしてここからが本題。

上記のとおり、ドリームキャスト自体なかなかコアな製品なのだが、そのドリームキャストをテレビと一体型にしてしまったというとんでもない製品があるのだ。
それがタイトルにもなっている「CX-1」である。

ドリームキャスト cx-1

なんとも近未来的な形をしている「CX-1」だが、ドリームキャスト用ゲームソフトを遊ぶことができてインターネットにも接続できる一体型テレビというすんごい色々と詰め込んである。こんな奇抜なCX-1だが、なんとあの超超大手放送局、株式会社フジテレビジョンが企画を担当し、株式会社スマート・エックスが開発したという代物である。
販売方法はインターネットによる通信販売のみ、価格は88888円で、5000台限定で販売されたようだ。
セット内容は本体のほか、ゲームコントローラ、キーボード、デジタルカメラ、テレビリモコンが付属する。

こんなニッチな製品だが、現在でもインターネットオークションでたまに出品されているようで、新品ならば、なんとその額40万・・・。

ドリームキャストファンのは強い・・・。


スポンサーリンク



『ドリームキャスト一体型TV!? セガ「CX-1」』へのコメント

  1. 名前:zarabu 投稿日:2017/05/18(木) 11:47:36 ID:4ec91d006 返信

    昔持ってました。
    秋葉原の某PCショップで展示処分品を1万円で買いました。
    すごく格好良く見えたのですが6畳間の自室に置いたらミスマッチ過ぎて後悔した記憶があります。
    肝心のDCも壊れていたのかゲームも出来ず粗大ごみの日に出してしまいました。
    こんなに高くなってたのか~

    • 名前:elemonodb 投稿日:2017/05/19(金) 14:14:12 ID:f67629357 返信

      zarabuさん、コメントありがとうございます!

      1万円で買えるなんてさすが秋葉原。
      たしかに六畳間にぽつんとこれが置いてあったらシュールですね(笑)
      なにかとごちゃごちゃとしたギーグな部屋の片隅に誇りかぶってる姿が似合いそうなCX-1。
      それにDCができないとかなんて奇抜なアンティーク。

スポンサーリンク



トップへ戻る