キャンプに宅飲み!臭い、煙無しのホットプレート グラファイトグリラー

寒空の自然の中、一人こじんまりとバーベキューをすることに憧れる。「グラファイトグリラー」なら一人自然焼き肉が捗りそうだ。

グラファイトグリラー 画像

春夏嫌いで秋冬大好きという良く言うとロマンティスト、悪く言うと陰キャな筆者は密かに目論んでいることがある。

人気のない小さな山の寒空の下、哀愁漂う街並みを眺めながら一人こじんまりとバーベキューを嗜むという良く言うとロマンティスト、悪く言うと陰キャ(二回目)な計画だ。

ただ、なんだか山でガスを使うのってもしミスったら山さんを炎上させてしまいかねないので気が引けるし、煙がモクモクあがっていたら周りの住民を勘違いさせてしまったり、美味しい匂いで獣さんたちをおびき寄せてしまかもしれない。

そんな中、とうとう筆者の計画を実行に移させてくれそうなホットプレートを発見した。その名もアラジン 「グラファイトグリラー」だ。

「グラファイトグリラー」 要約

〇この 「グラファイトグリラー」は、従来のホットプレートと違い、上から遠赤外線で熱を与える仕組みになっている。

赤外線って火力大丈夫?と思うかもしれないが、特許技術を使用することによって食材に直接熱が入り、まるで炭で焼いたような出来上がりになるようだ。

臭いや煙も、特別な構想によって最小限におさえられるらしい。

「グラファイトグリラー」の機能、使い方など

株式会社千石の特許技術「遠赤グラファイト」

この技術を使用することによって、従来の遠赤外線よりも熱伝導率や赤外線量が高いため、輻射熱を利用して食材に直接熱を与え、炭で焼いたように仕上がるという。

特許 遠赤グラファイト

臭いと煙が出にくい特別な構造

臭いや煙というのは食材から出た脂が加熱されることによって発生する。

ところが「グラファイトグリラー」は、上から赤外線で食材に直接熱を与えるため、プレートにある脂は過熱されずに下の水を入れるトレイに落ちる仕組みになっている。

そのため、臭いも煙も発生しないわけだ。

臭いと煙が出にくい特別な構造

スペック

  • 最大出力:1300W 650W~1300W(無段階調整) 保温時:320W
  • 本体サイズ (使用時)W55.0×H31.4×D31.0(cm)(収納時)
  • W55.0×H43.0×D24.2(cm)
  • 本体重量:約4.3kg(※トレイ・ヘルシーネット・コード含む)
  • 安全装置:空焼き防止機能・トレイ検知スイッチ・マグネットプラグ
  • 付属品:収納ケース・収納バッグ・トング・ヘルシーネット・クイックプレート

キャンプ、家庭、どちらでも大活躍すること間違いなしの「グラファイトグリラー」。寒空の下のあっつあつの肉は鬼うまだぞ!

以下、アラジン グラファイトグリラー Amazonカスタマーレビューまとめ

5件のカスタマーレビュー

|☆☆☆☆☆| 今までで1番煙とニオイが少ないです。

家での焼肉が大好きで、煙と臭いの少ない商品を探していました。
今までイワタニの焼き丸やザイグルなど試しましたが、満足のいく商品ではありませんでした。
このアラジン グラファイトグリラーは非常に高額でしたのでかなり購入を迷いました。今まで使って来た他社の製品も煙と臭いが少ないという謳い文句でしたが満足のいく結果が出ませんでしたので…
この商品を買ってダメだったら、もう煙と臭いの出ない商品はこの世には無いものだと割り切るつもりで思い切って購入しました。

使用してみての感想ですが、結論から言うと煙と臭いもごく僅かですが出ます。ですが今まで試して来た商品の中で1番それらの量が少ないです。私にとってはほぼ気にならないレベルです。私が試したのは焼肉ですのでサンマなど魚を焼いた時にはどうなるかはわかりませんが、私は焼肉以外の使用を考えていないので非常に満足です。お肉の焼き上がりもガスを使用する焼き丸やホットプレートなどと遜色なく美味しく焼けています。
グラファイトも瞬時に熱くなりすぐに調理をすることができました。グラファイトの性能が良すぎるためでしょうか、夏場に冷房26度設定で使用したのですが使用後部屋の温度が29度まで上昇しました(笑)

|☆☆☆☆| 煙と油の飛び散りが少なく、収納がトートなのも面白い。匂いは少し出ます。

これまで使ってきた無煙グリルよりも煙と油の
飛び散りがさらに少なく、匂いも出ることは
出るものの、控えめでした。

焼肉ではジューシーで柔らかく焼け、なかなか
おいしいもんですね。焼ける面が逆なので、
たいへん焼け具合がわかりやすいのもメリット
でした。またジュージューという音がほとんど
せず、静かなのも驚きました。

ただ、上から焼くというこれまでとは逆の製品
ですので、短い箸などで手を入れると結構熱く
感じました。このため、長めのトングがついて
います。また、周りに置くもの、たとえば飲み
ものやタレのびんなども、熱くなりやすいので
やや離しておいたほうが良い感じがしました。

手入れはそれほどかからず、汚れも落としやすい
ですが、保護ラバーの取り付けは、慣れるまでは
少しやりにくいかもしれません。また、弾けた油
が上部ヒーターの反射板に結構飛ぶんですが、
こちらはすぐ焼けてしまい手入れをしても
汚れは取れませんでした。料理中は見えない
部分なのでいいのですが、使うほどに黒くなる
のは諦めるしかなさそうです。

また調理スペースがやや小さめで、焼くスピード
も速くはないので(私は冒頭の無煙グリルで
ゆっくり目のスピードには慣れていたので
特に気にはならず)、もし 大家族で使って
しまうと、一台では食べるペースに追いつか
ないこともあるかもしれませんね。

収納がロゴ付きのトートバックだったり、
本体色が伝統の薄緑だったりと、この手の商品
としてはかつてなくおしゃれで楽しいところも
気に入りました。おすすめします。

グラファイトグリラー レビュー グラファイトグリラー 評価 グラファイトグリラー 評判 グラファイトグリラー 口コミ グラファイトグリラー Amazon

|| 買う上で考慮すべき点

私はこの製品に関してはとても失望しました。焼肉に使ったのですが、火力が弱くとても長い時間がかかります。野菜なども焼いて食べようかとすると二人で通常の鉄板などなら20分くらいで食べれる量を食べるのに70分以上かかりました。家族4ー5人などでは到底役に立たないスピードですね。もっと加熱する熱量がないと何のために使えるのか分かりません。買う方はそのあたりを考慮されることをお勧めします。


コメント

トップへ戻る