ガンダムでお馴染みの丸いあいつがAIを搭載!?「ガンシェルジュ ハロ」

ええい!連邦の丸いやつは化け物か!今やおじさんもお兄さんもお子ちゃまもみんな知ってるハロがAI積んでガチモンになってやってきた!

ガンシェルジュ ハロ レビュー

ガンダム好きな方は絶対知っているマスコットキャラクター、別名緑の悪魔ことハロがとうとうAIを積んでガチモンに近くなって大地に立とうとしている。

ハロといえば、初代ガンダムを始めとした色々なガンダムシリーズに登場するキャラクターで、登場人物のサポートをしてくれる(してるのか?)丸くてかわいいやつだ。

そんなガンダムファンなら誰しもが大好きなハロが、今回バンダイナムコホールディングス傘下のバンダイから、「ガンシェルジュ ハロ」の名を冠して登場するようだ!

スポンサーリンク



「ガンシェルジュ ハロ」 要約

「ガンシェルジュ ハロ」は、バンダイナムコグループが取り組む「BN・Bot PROJECT」の第1弾として開発された。ガンシェルジュとその名のとおり、音声認識を用いてガンダムコンシェルジュとしてユーザーの質問に応えたり、クイズを出してくれたり、うんちくを語り合ったりとコミュニケーションが取れるかわいいやつ。まるで本物の「ハロ」といっても過言ではない。

「ガンシェルジュ ハロ」 特徴

ユーザーが話した内容を、wi-fi経由でサーバに蓄積することで、会話のバリエーションがどんどん増えていく。

そのため「機動戦士ガンダム」に関する質問やうんちく、クイズなどさまざまな会話を無限大に楽しむことができる。

サイズは直径19cmとそこそこ大きく、だいたい1/100のガンダムのプラモデルとおなじくらいだ。

ファーストガンダム世代のおじさま方、SEED世代のお兄さん方、ガンダムエクストリームバースト、戦場の絆世代の皆方、ハロとガンダムについて熱く語ってみてはいかが?


ガンシェルジュ ハロ 公式サイト

スポンサーリンク



スポンサーリンク



トップへ戻る