家庭の電気使用状況が事細かに分かるエネルギートラッカー「Glow」

なんでこんな電気代が高いんだ・・・?

以前筆者が住んでい居た賃貸アパートでは、月に電気代が1万円以上かかることがざらだった。当時は、エアコンも点けてるしTVも観てるしPCも点けっぱなしだしでなんだかんだ普通だと思っていたが、現在住んでいる所では同じような生活を送っているにも関わらず月にかかる電気料金は2500円・・・。前に住んでいた場所が高すぎたのか、今住んでいる場所が安すぎるのか、どういった電気使用状況だったのかとっても気になる。

今回ご紹介したい「Glow」は、そんな気になる電気使用量が一目でわかってしまうという代物。当時この「Glow」に出会っていれば犯人はおまえだ!っと謎を解き明かしてくれたに違いない。

 

Glow 画像

 

概要

〇このたまごのようなかわいい「Glow」は、電気メーターボックスの外側にワイヤレス磁気抵抗センサーを設置するだけで、現在の電気使用量を測定できてしまうというかなり簡単仕様になっている。センサーから取得したデータはGlow本体に送られ、上部のライトが使用量に応じて緑や赤に変わる。

 

機能、使い方

電気代を節約できる!

殆どの家庭の電気使用量の40%は無駄使いたど言われている。「Glow」を使用することで電気使用量が一目でわかるので、節約を意識して行える。一般家庭の年間電気使用量を「Glow」を使用し節約することによって、新しい「Glow」が買えてしまうらしい。

 

Glow 電気代 節約

 

センサーの詳しい仕組み

電気メーターボックスの外側に取り付け、自宅に流れる電気量を内蔵型センサーで「感知する」仕組みで、このセンサーは他ではスマホのコンパスアプリ用地球磁場検出に利用されているとのこと。なので電気メーターに変な害を与える心配はない。センサーで取得したデータはGlow本体に送られ、目に見える形で数値かされる。

 

Glow 仕組み

 

互換性に注意!

「Glow」は、米国一般家庭用に設置された最新のデジタルまたはスマートメーターに対応している。自宅のメーターがサポートされているかを必ず確認してからの購入をお勧めする。

 

Glow 日本 互換性 Glow 日本 使用

 

 

現在は、スマートメーターを設置しているご家庭ならインターネットの専用サイトから電気使用量を確認することができる。ただ、「Glow」はインテリアとしておいておくだけですぐにどれだけ使っているかがわかる。意識せずとも置いているだけで勝手に視覚に入ってくるので、自ずと節電になるだろう。

 

 


【KICKSTARTER Glow ページ】

動画の左上の「K」をクリックすると該当ページに飛べます。

 

この記事を書いた人
エレモノくん

一風変わった家電やガジェット、面白グッズが大好きおじさん。
浅はかな知識ながら最近はものづくりにチャレンジしている。
見た目とは裏腹にロマンティストな一面もあり、孤独に大都会のイルミネーションを鑑賞しながらコーヒーを嗜むという、なかなかシャレた嗜好も持つ。

生息地:横浜
仕事:組込みエンジニア

エレモノくんをフォローする
IoTKickstarterおもしろ節電
エレモノデータベース

コメント

トップへ戻る