プログラミングが学べる学習キット | ソニー 「KOOV(クーブ)]

皆さんはプログラミングができますか?

巷では、国語・算数・理科・社会と同様、小学校の教科に追加されるという噂が流れている程、最近注目されているプログラミング。

プログラミングには興味があるけど難しそうで敷居が高い・・・
始めてみたけど、コンソール(黒い画面)に Hello world! じゃ退屈すぎてモチベーションが維持できない・・・
そんな皆様に、現役組込み系プログラマーの筆者がおすすめしたいのが、ソニー株式会社から発売されているプログラミング学習キット「KOOV」だ。

 

 

〇この「KOOV (クーブ)」は、たくさんあるブロックを「レゴ」や「積み木」の要領で一つ一つ様々なパターンで組み合わせ、好きな形を形成する。
完成した作品にプログラミングを施すことにより、好きなように動きをつけれるため、作って楽しい、動かして二度楽しい、視覚的に楽しみながらプログラミングを学べるという逸品ぶりだ。

子供から大人まで、創造力を存分に発揮しよう

以下が販売元、ソニー株式会社がKOOVを介して、どんなことができるかを提唱しているものである。

1.テクノロジーと仲良くなれる

プログラミングを通じて学べるのは、仕組みを「構造化し理解する」方法です。世の中のテクノロジーに好奇心をもち、その中で動くプログラムを想像する。テクノロジーを享受するだけでなく、それを使って新しいものを生み出していく楽しさを体験できます。

2.デザインできることを学ぶ

つくりたいもののために、ブロックの組み方や動き、制御を試行錯誤するプロセスは、「課題を解決するトレーニング」になります。ロボットを通じてその訓練を重ねていくと、さまざまな解決策のデザインにも応用できます。

3.主体的に自己表現する

自分の個性が詰まったロボット作品を発表し、さらに発展するためのアイデアを仲間と意見交換する。そうした活動は、目的に向かって切磋琢磨するチームワークと、主体的に自分を表現するコミュニケーション力のトレーニングになります。

以上のように、未来明るい子供たちの能力を発育する上で、KOOVにはかなり重要な要素がふんだんに含まれている。
KOOVを使用することで創造する楽しさと、お父さん、お母さん、友達と創造するコミュニケーションの楽しさを存分に堪能できるであろう。

この先、AIが普及し、現在人力でやっていることをすべてロボットがやるようになると言われている。

未来の社会はそんなロボット達に知能を与えてやるエンジニアが主役となるはず。

そんなエンジニアの一員へ向けて、KOOVで楽しく学習しませんか?

 

以下、ソニー ロボット・プログラミング学習キット KOOV(クーブ)【アドバンスキット】 EKV-200A Amazonカスタマーレビューまとめ

1件のカスタマーレビュー
|☆☆☆☆☆|
とてもよく考えられています。感動するレベル。
自分は、少年時代に電子ブロックで遊んだタイプでした。
結局そういう道には進みませんでしたが、もし
小さいころにコレがあったら違ったかもしれないな、と
本気で思いました。とりあえず、首を振るオウムを作ってみました。
子供の反応も非常に良いです。印刷物の説明書はありません。
全てパソコンやタブレットを見ながら行います。
ブロックの組み立て説明は動きのあるCGなので
能力の低いパソコンでは少し苦しいかもしれません。
(うちはASUSのTransbook mini T102HAで少しきついです。)学習コースは、LEDの点灯プログラムから
少しずつ楽しくプログラミングを学べます。
おもちゃの値段と考えると高いですが
プログラミング教室代込みと考えると
むしろ安いかもしれません。おすすめです!

 

 

KOOV 公式サイト

コメント

トップへ戻る