AIを使用して洗濯物を折り畳む | セブンドリーマーズ「ランドロイド」

洗濯機登場⇒乾燥機登場⇒折り畳み機登場<NEW!!>

以前「KOOV(クーブ)」を紹介した記事でも書いたが、今後世界はAIが普及し、なんでもかんでもロボットがやるような時代が来るといわれている。
そんな矢先、なんと洗濯⇒乾燥後の面倒くさい折り畳み作業をロボットに衣服を放り込むだけで綺麗に畳んで棚に整理して置いてくれるという、人間の怠慢もここまできたかと言わんばかりのとんでもない製品がでたようだ!
そいつの名は「ランドロイド」というらしく、黒光りしている長方形に輝くリングは怪しい雰囲気を醸し出している。
うわさによると人間が一生のうちに洗濯物の折りたたみに費やす時間は9000時間超、日に換算すると375日にもなるという。
そう考えるとランドロイドに洗濯物の折り畳みを任せておけば、寿命が375日も増えるという実はすごく有益な代物だということがわかる。

 

 

〇このランドロイドの使い方は本当に簡単で、単に衣服を放り込むだけ。
そうするとランドロイドが最新鋭の画像解析をつかって衣服の種類を見分け、各々に適した畳み方で畳んでくれる。
そしてすごいのがランドロイドのAI(ディープランニング)は使うごとにどんどん学習して、畳み方もレベルアップしていく。
そのため、使えば使う程畳み終わりまでのラップタイムが短縮されていくのだ。
また、設定によって家族のメンバー別やアイテム別に仕分けることもできるらしい。
一度に畳める数は30枚なので、一回の洗濯分くらいではないだろうか。

 

2019年には洗濯乾燥機能も付いたオールインワンタイプも出るとのうわさ!

乾燥機能もついてしまったら人間がやることなんて洗濯が終わったらランドロイドにそのまま洗濯槽にあるびちょびちょの衣類を放り込むだけになってしまう。
そしてここまできたら洗濯⇒乾燥⇒折り畳み全てランドロイドがやってくれちゃう未来がくるのではないだろうか。
筆者は今回このランドロイドを見て、将来人間が娯楽以外のことを全てロボットに任せ、ベーシックインカムで悠々自適に暮らすビジョンがフラッシュバックして過呼吸になってしまった(幸せすぎて)
筆者はこういうニッチな製品が大好きである。
今後、ご家庭や福祉施設、宿泊施設などでランドロイドが大活躍してくれることを願っている。

 

【ランドロイド 公式サイト】
https://laundroid.sevendreamers.com/

 

この記事を書いた人
エレモノくん

一風変わった家電やガジェット、面白グッズが大好きおじさん。
浅はかな知識ながら最近はものづくりにチャレンジしている。
見た目とは裏腹にロマンティストな一面もあり、孤独に大都会のイルミネーションを鑑賞しながらコーヒーを嗜むという、なかなかシャレた嗜好も持つ。

生息地:横浜
仕事:組込みエンジニア

エレモノくんをフォローする
洗濯機
エレモノデータベース

コメント

トップへ戻る