おもしろ

スマホがゲームボーイになっちゃうガジェット 「Smart Boy」

スマートボーイは、2015年にエイプリルフールのネタとして発表されたモノだが、反響が大きかったため実際に開発された。USB Type-Cでスマホとスマートボーイを接続し、実際のゲームボーイのように、ソフトを入れて遊ぶことができる。対応ソフトはゲームボーイとゲームボーイカラーだ。
IoT

レトロゲーの復刻版が相次ぐ中、あの「PONG」がテーブルゲームで登場

「TABLE PONG」は、コーヒーテーブルの表面がそのままゲーム画面になっており、対面で座った者同士が「PONG」で対戦できるようになっている。驚きなのが、ゲーム画面は液晶とかではなく、マグネットとモーターで物理的に物体を動かしているという粋な機構を採用しているため、より直感的に遊ぶことができる。
IoT

耳かきですらWi-Fi対応!?「スマホでWiFi耳かきスコープ」で快適耳かき

スマホの画面に自分の耳穴の映像が!「スマホでWiFi耳かきスコープ」で残すことなく耳掃除! ...
おもしろ

旨い安い健康でお馴染みの納豆が「究極のNTO 」で完成を遂げる!?

この如何にも臭そうな「究極のNTO 」は、撹拌機に納豆を入れ、ハンドルを回すことで倍速の撹拌力で混ぜることができる。約304回転回すと醤油扉が開き、醤油を入れる。それからさらに約120回転回すと、再度醤油扉が開き、美食家 魯山人の愛した究極の納豆が完成する。
IoT

自分だけの空間は、ただ「ヘルムフォン」を被るだけで作れる

まるでギャグのごとし存在感を放つ「ヘルムフォン」は、ウクライナのデザイン会社Hochu Rayuが現在開発中であるスーパーノイズキャンセリングガジェットだ。なんと、会話や生活音などの雑音を一切シャットアウトしてくれて、かつこの大きな図体で視覚を遮ってくれる。まるで頭だけ別空間に居るような感覚だ。
AI

究極の快適空間へ…「eSensor」と「eRemote」の連携が凄すぎる

「eSensor」には5つのセンサーが搭載されており、空気質、温度、湿度、音、明るさを感知して専用アプリで見える化してくれる。そんな「eSensor」に、エアコンやテレビなど、赤外線リモコンタイプの家電を、IoT家電に早変わりさせるスマートリモコン「eRemote」を連携することによって、最高の環境を作り上げる
トップへ戻る