手の平サイズのスーパーファミコン | ニンテンドークラシックミニ スーパーファミコン(SNES)

スーファミ世代の皆さんに朗報です!どこでもスーファミがプレイできるぞ!

スーパーファミコン/スーパーNESと言えば、1990年11月21日に日本国内で販売が開始された昭和~平成初期生まれの人間なら誰もが知っているモンスターゲームハードだ。
どのくらいモンスターかと言うと、全世界で4902万台売れ、現在でも尚コアなファンが遊び続けているゲームハードと言えば想像がつくだろう。筆者もよくスト2F-ZEROをプレイしたものだ。
そんなスーパーファミコンをプレイしたことある世代の心をくすぐるような製品がこのほど発表された。
その名も「ニンテンドークラシックミニ スーパーファミコン(SNES)」。スーファミを小型化したもので、世代だった人なら喉から手が出るほど購買意欲をそそり上げる逸品だ。

 

 

〇本機には、『F-ZERO』や『ファイナルファンタジーVI』『スーパーマリオカート』といった名作タイトルが収録されいる。付属するコントローラーは、懐かしのスーファミコントローラーだ。協力や対戦プレイも楽しめるらしいので、久しぶりに当時の仲間と集まって遊ぶのも良いかもしれない。国内向けは¥7,980で2017年10月5日、海外では79.99ドルで2017年9月29日に発売予定とのこと。

 

収録タイトルは以下の21タイトル!懐かしの面々から幻のスターフォックス2も!

 

・スーパーマリオワールド

 

・スーパーマリオカート

 

・F-ZERO

 

・ゼルダの伝説 神々のトライフォース

 

・スーパーメトロイド

 

・ストリートファイター2ターボ

 

・スーパーパンチアウト

 

・悪魔城ドラキュラ

 

・スーパードンキーコング

 

・ロックマンX

 

・星のカービィスーパーデラックス

 

・ファイナルファンタジー6

 

・カービィボウル

 

・スターフォックス

 

・スターフォックス2

 

・ヨッシーアイランド

 

・スーパーマリオRPG

 

・魂斗羅スピリッツ

 

・聖剣伝説2

 

・MOTHER2 ギーグの逆襲(海外版のみ)

 

・超魔界村

 

 

日本仕向と海外仕向ではデザインが違う

 

・日本仕向

 

 

・海外仕向

 

 

 

ファミコンやスーファミのゲームって理不尽な難易度のものが多かったですよね。
最近のゲームの操作性やグラフィックはとても素晴らしいのですが、なぜかたまにドット絵のシンプルで高難易度なゲームをたまにやりたくなるんですよねぇ。

【ニンテンドークラシックミニ スーパーファミコン 公式サイト】
https://www.nintendo.co.jp/corporate/release/2017/170627.html

この記事を書いた人
エレモノくん

一風変わった家電やガジェット、面白グッズが大好きおじさん。
浅はかな知識ながら最近はものづくりにチャレンジしている。
見た目とは裏腹にロマンティストな一面もあり、孤独に大都会のイルミネーションを鑑賞しながらコーヒーを嗜むという、なかなかシャレた嗜好も持つ。

生息地:横浜
仕事:組込みエンジニア

エレモノくんをフォローする
ゲーム据え置き型ゲームハード
エレモノデータベース

コメント

トップへ戻る