ロボット

AI

「Gatebox」を介すことで二次元キャラと現実で触れ合えるらしい

誰しもが子供の頃、ゲームやアニメの世界で活躍する自分や、キャラクター達と交流する場面を想像していたと思う。でも、いつまでたってもかめはめ波は出せないし、初音ミクもプリキュアもやってこない。やっぱり二次元は二次元なんだなぁなんて思ってたらすごいのが出た!その名もウィンクル 「Gatebox」オレの嫁と生活するための最強ツールだ!
AI

AIやIoTがお手軽に実装できてしまう「obniz」は電子工作入門にも最適!

「obniz」は、専用クラウドにwi-fi経由で接続することができる、IoT開発に特化した開発ボード。いつでもobinizクラウドにアクセスできるため、WEB上を介してどこからでもハードウェアを操作することができる。専用APIを使用することで容易に機能が実装できるため、IoT開発入門に最適な開発ボードだ。
AI

ガンダムでお馴染みの丸いあいつがAIを搭載!?「ガンシェルジュ ハロ」

「ガンシェルジュ ハロ」は、ガンシェルジュとい名のとおり、音声認識を用いてガンダムのコンシェルジュとして、ユーザーに質問したり、クイズを出してくれたり、うんちくを語り合ったりとコミュニケーションが取れる。まるで本物の「ハロ」といっても過言ではない。
IoT

IoTの不思議なおもちゃ ソニー 「toio」

この謎めいた見た目の「toio」は、本体であるtoio コンソールにタイトルが入ったカートリッジを取り付けることで様々なゲームを遊ぶことができる。遊び方は、toio リングというIoT対応のリング型コントローラを使って、toio コア キューブという四角いかわいいやつを操作して遊ぶという仕組みだ。
IoT

遊んで学べる子供向けロボット 「Vortex」

この「Vortex」は、AndroidやiOSをの専用アプリを通してゲームや、プログラミングで動きを変えることができる。いろいろと試行錯誤するなかで、モノがどのように動くか仕組みを学び、問題を解決する能力が培える。また、仲間と協力し、励ましあい、共有することでコミュニケーション能力も培うことができる。
IoT

電子工作、プログラミングを合わせて学べるロボット 「mBot」

なんだかシュールかわいい「mBot」は、電子工作や、プログラミング、数学等の基礎的な知識を持った初心者向けのプログラミング教育ロボットで、電子工作、プログラミングを並行して学習できる。世界100カ国以上で販売されており、小学生から大学生までSTEM学習で幅広く利用されている。
トップへ戻る