IoT

AI

AIやIoTがお手軽に実装できてしまう「obniz」は電子工作入門にも最適!

「obniz」は、専用クラウドにwi-fi経由で接続することができる、IoT開発に特化した開発ボード。いつでもobinizクラウドにアクセスできるため、WEB上を介してどこからでもハードウェアを操作することができる。専用APIを使用することで容易に機能が実装できるため、IoT開発入門に最適な開発ボードだ。
IoT

SF?アニメ?とうとうあの仮想現実が現実に… Microsoft 「HoloLens2」

「HoloLens2」は、まるでSFの世界の様なホログラムを実現できるグラス型デバイスで、Azureを介してホログラムを表示する機能「Remote Rendering」や、企業向けの「HoloLensカスタマイズプログラム」などを展開する。2019年中に日本を含めた様々な国で発売される予定だ。
IoT

コンセントも備えた大容量モバイルバッテリー「Monster」が凄すぎる!

「Monster」は、100,500mAh(372Wh)というその名の通りモンスター級の容量を持つポータブルバッテリー。100,500mAh(372Wh)というと、 iPhoneを38回充電することができる。USBソケットに加え、家庭用電源であるコンセントもついているため、アウトドアや、災害時の備えにも最適だ。
IoT

レトロゲーの復刻版が相次ぐ中、あの「PONG」がテーブルゲームで登場

「TABLE PONG」は、コーヒーテーブルの表面がそのままゲーム画面になっており、対面で座った者同士が「PONG」で対戦できるようになっている。驚きなのが、ゲーム画面は液晶とかではなく、マグネットとモーターで物理的に物体を動かしているという粋な機構を採用しているため、より直感的に遊ぶことができる。
IoT

耳かきですらWi-Fi対応!?「スマホでWiFi耳かきスコープ」で快適耳かき

スマホの画面に自分の耳穴の映像が!「スマホでWiFi耳かきスコープ」で残すことなく耳掃除! ...
AI

究極の快適空間へ…「eSensor」と「eRemote」の連携が凄すぎる

「eSensor」には5つのセンサーが搭載されており、空気質、温度、湿度、音、明るさを感知して専用アプリで見える化してくれる。そんな「eSensor」に、エアコンやテレビなど、赤外線リモコンタイプの家電を、IoT家電に早変わりさせるスマートリモコン「eRemote」を連携することによって、最高の環境を作り上げる
IoT

中二心くすぐるカッコイイマウスを色々紹介!

筆者もネトゲの名前に♰を付けていた頃はやたら変な形のマウスとか、光り輝く自作PCとかに憧れたものだ。憧れたものだ・・・とか言ってるけど未だに欲しいけどね!!! 今回はそんな筆者の中の中学生が欲しがりそうなマウスを色々と紹介しようと思う。 覚悟はいいか!!
IoT

カラースキャンでRGB値を算出!オシャレもサポートしてくれるガジェット 「Color Muse」

「Color Muse」は、カラースキャニングとカラーマッチング機能を搭載したガジェットで、iPhone又はAndroidのスマホとBluetoothで連携でき、専用アプリを介してスキャンした物のカラーコード(R,G,B)の値と、それにマッチしているコーディネートを提案してくれるというアイテムだ。
IoT

物を無くしやすい人必見のお守りガジェット 「MAMORIO」

〇「MAMORIO」は神聖なるお守りの形を模した小さなガジェットで、「MAMORIO」を付けているモノが手元から離れるとスマホに通知を送ってくれる。 モードが3種類あり、様々な方法で無くしモノを探してくれる機能が搭載されているので、貴重品等にうってつけのガジェットとなっている。
IoT

水も電気も無料な移動できる家!?最強の小型ハウス 「エコカプセル」

「エコカプセル」は、ソーラーと風力の二種類の発電と、丸い体を活かして雨水を溜め、ろ過フィルターを通して生活で使用できる水を生成する機能が備わっている。室内は凡そ3.5畳程度の広さがあり、拡張可能なベッドやテーブルも備えられているため、大人2名が快適に生活できるレベルとなっている。
IoT

スマホで耳穴をチェック!「カメラで見ながら耳掃除!爽快USBイヤースコープ」

「カメラで見ながら耳掃除!爽快USBイヤースコープ」は、Android OS が搭載された スマホ 又は パソコンにUSB接続するだけで、耳かきの先端に付いた小型カメラを介してスマホ画面上に映像を出力してくれる。じっくりと耳穴の中の様子を確認しながら耳掃除ができるという、とっても優れた耳かきなのだ。
IoT

今流行りの仮想通貨を円に両替できる 仮想通貨自動両替機 「GEX-3C」

仮想通貨自動両替機 「GEX-3C」は、「ビットコイン(BTC)」、「イーサリアム(ETH)」、「リップル(XRP)」などの主要銘柄を含む、全8種類の仮想通貨の両替に対応。 スマートフォンでQRコードを読み取り、両替したい円貨額を入力することで、当日の円レートに自動換算された仮想通貨額から、手数料を差し引いた円貨を払い出すことができる。
IoT

iPadを利用して釣りとアクアリウムが楽しめる!3D IoTの「LOOKSI AQUARIUM」

「LOOKSI AQUARIUM」は、iPadで楽しめる3D アクアリウム。iPadの画面から投射された映像が3Dになって本体に映し出される。iPhoneとiPadを連動させることで、好みの熱帯魚を追加したり釣りを楽しむことができる。設置中はiPadの充電もできるので安心だ。
IoT

水を入れるだけで 味 色 香り が変更できるグラス型デバイス 「Vocktail」

「Vocktail」は、専用スマホアプリと連動させることによって、グラス型デバイスに注がれた飲料の味 色 香りを変更することができる。グラスには、香りを作りだすためのアロマチューブ、味覚刺激を生み出すための電極、飲料の色を変更するためのLEDが搭載されている。
AI

日本に上陸!Amazon Alexa搭載のAI スマートスピーカー 「Amazon Echo」

「Amazon Echo」は、音声認識機能を介して様々な家電製品を声で操作することが可能なスピーカーで、Amazon AlexaというAmazonが開発した音声認識システムが搭載されている。料理中や電話中、また移動するのが億劫な時など「Amazon Echo」にお願いすれば代わりに操作してくれるのだ。
IoT

マウスよりも小さいのに4Kに対応のスーパー小型PC ECS「LIVA Q」

〇 「LIVA Q」 は、世界最小の4KデスクトップPCで、CPUはPentium N4200または、Celeron N3350を採用。肝心のグラフィックはIntel HD Graphics 500シリーズを採用し、解像度は最高4K(3,840×2,160ドット)までサポートするとのこと。
IoT

最早小さい家!マッサージチェアも付いてる多機能ベッド Di Yu Xuan

Di Yu Xuan「ベッド」は、中国のDi Yu Xuan社が発売しているベッドで、スピーカー、USBポート、手元を照らすベッドサイドランプ、キャビネット、サイドテーブル、マッサージチェア、暗証番号付き金庫と、何から何まで備わっている至れりつくせりな逸品だ。
AI

ガンダムでお馴染みの丸いあいつがAIを搭載!?「ガンシェルジュ ハロ」

「ガンシェルジュ ハロ」は、ガンシェルジュとい名のとおり、音声認識を用いてガンダムのコンシェルジュとして、ユーザーに質問したり、クイズを出してくれたり、うんちくを語り合ったりとコミュニケーションが取れる。まるで本物の「ハロ」といっても過言ではない。
トップへ戻る