電動だけど雰囲気たっぷりな酒燗器 テスコム 「SK31」

街が姿を変え行く寒空の下で一人酒、冷たく乾いた風の香りと街のイルミネーションを酒の肴に熱燗で内から温まる。

テスコム SK31 レビュー

 

なんて調子乗った発言しちゃてるけど筆者はめったに酒を飲まない。

しかし、寒空の下で飲むホットコーヒー(缶コーヒーなら尚良)は心も体も温まるから、お酒が好きな人も寒空の下で飲む熱燗は心も体も温まって満たされちゃって心も体も酔いしれちゃうんじゃないのかなんて思う。

そしてコーヒーもお酒も飲むシチュエーションがとても大切だと思う。生粋なロマンティストの筆者(好物はハンバーガー)が言うんだから間違いない。

今回紹介 テスコム 「SK31」は、まるで電気ケトルのような感覚で、お酒入れて電源差してスイッチONするだけで、良い感じな徳利に程よい熱燗がであがるというモノ。

ベランダやバルコニーで景観を楽しみながら酔いしれるも良し、友達の家にちょちょいと持って行って雰囲気を楽しむのもよしなロマンティストご用達製品だ。

 

酒燗器 テスコム 「SK31」 概要

〇この如何にも熱燗って感じの「SK31」はレバー調整により、ぬる燗(約40℃)~熱燗(約50℃)までこだわりの温度で燗酒を楽しむことができる。

徳利陶磁器で作られているため、本物と遜色ない仕上がりとなっている。

 

酒燗器 テスコム 「SK31」 機能、使い方

仕様

本体寸法高さ/168mm
幅/183mm
奥行/155mm
本体質量(重量)約1.1kg
消費電力250W
容量450ml(2.5合)
温度調節機能ぬる燗(約40℃)~熱燗(約50℃)
スイッチ機能スライド式温度調節(無段階)

 

 

特徴

無段階温度設定

熱燗からぬる燗まで、お好みの温度が楽しめる。

手間が掛かる絶妙な温度調整も、レバーを合わせるだけでこだわりの燗に仕上がるとのこと。

 

テスコム SK31 特徴

 

陶磁器製の徳利

陶磁器徳利は、お酒をじっくり温めるので冷めにくく、美味しさが長続きする。

サイズは 2.5合(450ml)で、徳利と本体が分離するので、注ぎやすく、徳利を丸ごと洗えてお手入れしやすい。

毎日の晩酌使いだけでなく、仲間との宴会など大人数でも活躍してくれそうだ。

テスコム SK31 徳利

 

 

 

飲食物は味も大事だが、見た目も大事。

コップや茶碗に色々な形があるように、個人個人好きな見た目、肌触りのモノで飲食した方が絶対に美味しく思えると思う。

高級レストランで食べるフォアグラと、トイレで紙皿に盛って食べるフォアグラでは確実に前者の方が美味しく感じるだろう。

てか、トイレで紙皿にフォアグラとか普通に食べたくない。

自分の好きなシチュエーションで本格的な熱燗をクイっと一息。自分だけの世界に酔いしれてはいかが?

 


 

テスコム SK31公式サイト

 

 

 

この記事を書いた人
エレモノくん

一風変わった家電やガジェット、面白グッズが大好きおじさん。
浅はかな知識ながら最近はものづくりにチャレンジしている。
見た目とは裏腹にロマンティストな一面もあり、孤独に大都会のイルミネーションを鑑賞しながらコーヒーを嗜むという、なかなかシャレた嗜好も持つ。

生息地:横浜
仕事:組込みエンジニア

エレモノくんをフォローする
おもしろ電気ケトル
エレモノデータベース

コメント

トップへ戻る