ゲームキューブがポータブルに!? 「The Envision」

ゲームキューブといえばスマブラ!マリオパーティ!カービィのエアライド!これがポータブルでできたら・・・

 

筆者は学生の頃、友人とカービィのエアライドスマブラDXを嫌というほどプレイした。

スマブラに至っては、友人宅のゲーム記録がだいたい筆者のキャプテンファルコンになっていたのはもう遠い記憶だ(笑)

しかし、ゲームキューブは据え置き型のゲームハードなので、遊ぶとしたら「あっくんの家でやろうぜ!」みたいな感じで、せっかく多人数で遊べるのにできる場所が限定されてしまうのが残念だった。

しかし、なんとそんな据え置き型ゲームキューブをポータブルに改造してしまった凄腕ハッカーが居るらしい!

携帯ゲーム機に変貌を遂げたそのゲームキューブの名前は「The Envision」

ゲームキューブのソフトが遊べちゃうまんまポータブルゲームキューブなのだ!

 

 

「The Envision」 要約

〇 この「The Envision」「Tchay」というスーパーハッカーが、据え置き型のゲームハード、ゲームキューブを改造して作った代物だ。

素晴らしいことに、制作方法をサイト上で事細かに解説してくれているので、作ってみたい人はこちらを参考。(英語だけど)

 

ゲームキューブ ポータブル 作り方

マリオ64懐かしすぎる。それにしても手にフィットしそうな素晴らしい形、画面も大きくて見やすそうだ。

 

The envision レビュー

背面にスピーカーが付いている。紫色のSWはスマブラDXの投げで多用したなぁ。

 

サイトのHow toを参考に造ってみよう!

こちらのサイトに写真、イラストを交えた簡単な英語で作り方が書いてあるので、よーく読みながら実践してみよう。

ただ電子工作の知識や、電気的な知識が無い人はできれば経験者と一緒に作ることをお勧めする。

もし分からないところがあって、誰にも相談できないのであれば、コメントに書いてくれれば応えられる範囲ならば相談にのるのでお気軽に!

ゲームキューブとかモニターとかバッテリーなどは、AmazonHow to サイトに掲載されている販売サイトで購入することができる。

 

電子工作パーツはRSコンポーネンツがおすすめ

電子部品オンラインショップのRSコンポーネンツでは「The Envision」を自作する上で使用する押しボタンスイッチなどは種類が豊富なのでおすすめだ。

これを期に電子工作に興味をもった!って人にはとっても便利なので是非利用してみてほしい。

 

世の中には、こういった面白い取り組みを行っている有志達が居る。いつしか自分もそんな有志達の一員として、ニッチで面白いものを自作してみたいなんて夢見るおじさんなのであった。


The Envision 公式サイト

 

コメント

トップへ戻る