IoTの不思議なおもちゃ ソニー 「toio」

最近のソニー、めっちゃくちゃニッチで大好きだぞ!

以前紹介したwena wristや、アロマスティックのような如何にもニッチな製品を最近開発しまくってるソニーがとっても好きになってきた筆者だが、この度また謎の雰囲気を醸し出すオモチャを出した。

その名は「toio」といい、子供たちに自らの創意工夫による遊ぶ楽しさを体感させてくれるオモチャらしい。

toio

〇この謎めいた見た目の「toio」は、本体であるtoio コンソールにタイトルが入ったカートリッジを取り付けることで様々なゲームを遊ぶことができる。

遊び方は、toio リングというIoT対応のリング型コントローラを使って、toio コア キューブという四角いかわいいやつを操作して遊ぶという仕組みだ。

toio 使い方

先行予約はすでに完売!しかし、12月1日に正式発売するので心配ご無用!

2017年6月1日に初回限定の「全部セット(税込2万5855円)」、「基本セット(税込2万1557円)」二種類の先行予約が開始されたが、即日完売に完売してしまうという人気様。だがしかしたかし、12月1日に正式に発売が開始されるので、購入したい方は肩を落とさずとも大丈夫。ちなみに単体での価格は2万円前後と想定されているようだ。

現在発売が延期されており、時期は未定となっている。発売が開始した際には追ってご報告したいと思う。

この謎感極まりない「toio」だが、すごい可能性を秘めてそうなので、今後に期待したい。

この記事を書いた人
エレモノくん

一風変わった家電やガジェット、面白グッズが大好きおじさん。
浅はかな知識ながら最近はものづくりにチャレンジしている。
見た目とは裏腹にロマンティストな一面もあり、孤独に大都会のイルミネーションを鑑賞しながらコーヒーを嗜むという、なかなかシャレた嗜好も持つ。

生息地:横浜
仕事:組込みエンジニア

エレモノくんをフォローする
IoTおもしろおもちゃロボット
エレモノデータベース

コメント

トップへ戻る