左右分離型 ワイヤレス ノイズキャンセリングの色々捗るイヤホン 「ソニー WF-1000X」

外で歩きながら有線イヤホンで音楽を聴いていると、たまに手が引っかかってスマホからイヤホンが抜けてしまうのが嫌だ。

筆者は秋の夜長に音楽を聴きながら徘徊散歩をするのが好きなのだが、有線イヤホンだと歩いている時に振れている手が線にひっかかって抜けてしまう事象が発生しまくってむかついてしまうことがある。
最近はよくイヤホンで音楽を聴きながら歩いている人を見るので、結構同じように煩わしく感じている人も多いのではないだろうか。
筆者含め有線はもうなんか嫌だなあなんて思う人々に向けて、ソニーからとってもいい感じの完全無線のノイズキャンセリングイヤホン「WF-1000X」が発売される。筆者は以前オーディオに凝っていた時期があるため、『無線とか音質大丈夫なん?』とか思うが、ノイズキャンセリングでソニーならその辺は大丈夫だろうと思う。ちなみにソニーのイヤホンは筆者的見解だと低音高音共にバランスがとれているのでオールジャンル気持ちよく聴けると思う。

ソニー WF-1000X レビュー

「WF-1000X」は、無線通信(Bluetooth)の完全分離型でいて、ノイズキャンセリング機能も搭載している密閉ダイナミック型イヤホンだ。充電時間はフル充電まで1.5時間、連続再生時間は最大3時間となっている。独自開発のシリコンフォーム素材を組み合わせた、トリプルコンフォートイヤーピースも付属している。

スポンサーリンク



詳しい機能など

ワンタッチ接続(NFC)機能搭載

NFC搭載のスマートフォンや、おサイフケータイ(R)対応Android(TM)搭載スマートフォンなら、ケースに搭載のNFCとワンタッチでBluetooth接続が可能。

ソニー WF-1000X 接続

専用アプリ「Headphones Connect」に対応

ノイズキャンセリングのON/OFFや、アンビエントサウンド(外音取り込み)モードのボイスモード/ノーマルモードの切り替えが可能。

ソニー WF-1000X モード

高い遮音性と長時間の快適な装着性を実現するトリプルコンフォートイヤーピース付属

2種類の硬度のシリコンゴムに独自開発のシリコンフォーム素材を組み合わせた、トリプルコンフォートイヤーピースを付属。今までにない柔らかさと追従性で、高い遮音性と長時間の快適な装着性を実現。また、水洗いできるので清潔に使用できる。

ソニー WF-1000X イヤーピース

スマートフォンの普及により、老若男女問わず音楽を聴いている人が多くなった。これから山岳に行きそうなおじいさんが巧みにスマホをいじって音楽を聴いている姿(イヤホンを付けていたので多分聴いていたと思う)を電車内で目撃した時は時代の変貌を感じた。


WF-1000X 公式サイト

スポンサーリンク



スポンサーリンク



トップへ戻る